NETIS登録・ヒューム管布設システム

管布設工を劇的な改善に導きます。

大規模造成工事、排水管路敷設工事、送水管路築造工事、あらゆる大・中口径ヒューム管(遠心力鉄筋コンクリート管)の布設工を劇的なまでに改善に導く工法です。

国土交通省 NETIS 認定 No,KK-160032-A

  • 特許出願中
  • NETIS登録済

大・中口径ヒューム管布設システムの特徴

1.高スピード

  • 「位置決め法」と「接合法」が独自開発法でとにかく速い。
  • 従来工法より約40%以上スピードアップ! 対標準歩掛。
  • 工期短縮・工程圧縮、工程管理に大きく貢献。

2.高品質

  • 独自の「位置決め法」は機械式で正確・確実。
  • よって施工精度も大幅アップ、出来形のばらつき大幅ダウン
  • 品質向上に大きく貢献

3.より安全

  • 従来工法のように危険ゾーンに人が立ち入らないためより安全
  • 玉掛け作業時間が短縮されて罹災リスクが大きく低減
  • 従来工法に比べ作業員の数も減り、罹災リスク低減

4.低コスト(Φ1800の場合)

  • 従来工法より11%以上コストダウン対標準歩掛
  • 従来工法より1人少ない人数で 従来工法より39%以上スピードアップ対標準歩掛
  • 施工スピードと相乗効果で実際は想像以上にコストダウン

布設方法について

「管据付決め位置誘導機」を使って管据付を確実に

  1. 予め「管据付決め位置誘導機」を管1本に対し1台準備する。
  2. 高さ・通りを基準に合わせてセット固定する。
  3. ヒューム管の荷下ろしの完了と同時に管据付完了となる。
  4. 後は接合するだけ。
  5. 接合時に軸がブレても「管据付決め位置誘導機」で常に正常な位置に戻る。
  6. 何tもある丸いヒューム管を「落ち着く所はここしかない」場所を作る器具です。

接合法は安全確実に「圧入接合」で

  1. 従来工法は「引き込み」だが、新工法は押し込み、圧入接合
  2. 危険ゾーンに人が行かないのでより安全
  3. ジャッキを使って管軸上で状態を見ながら確実に圧入
  4. 圧入器具がシンプルで、1本毎の移動もスマートで速い